工場トラックバースの管理にお困りの
製造業の皆さまと物流会社様へ

待機時間解消できる
画期的な方法とは…

バースの空き状況を見える化/事前にスマホから予約可能/長時間労働を削減 スマートバースシステム AirDia(エアダイア) バースの空き状況を見える化/事前にスマホから予約可能/長時間労働を削減 スマートバースシステム AirDia(エアダイア)

政府も補助金
システム導入を推進!
今が導入のチャンスです。

平成29年7月1日に貨物自動車運送事業輸送安全規則が改正され、トラックドライバーの
荷待ち時間の記録を義務付けられたことはすでにご存知かと思います。
もし、ご存知ではない企業様は
下記を必ずお読みください

貨物自動車運送事業輸送安全規則の一部を改正する省令の公布について

「トラックドライバーの荷待ち時間等の実態把握や解消に向けて、荷待ち時間等の記録を義務付けることとします。」

〈またその背景より〉 トラックドライバーの長時間労働の是正のためには、荷待ち時間等の削減を図ることが必要です。このため、荷待ち等の実態を把握し、そのデータを元にトラック事業者と荷主の協力による改善への取り組みを促進するとともに、国としても荷待ち時間を生じさせている荷主に対し勧告等を行うに当たっての判断材料とすることを目的として、貨物自動車運送事業輸送安全規則(平成2年7月30日運輸省令第21号)に定める乗務記録の内容等を改正することとするものです。 (国土交通省ホームページより)

この省令改定の目的は
ドライバーの長時間労働を是正すること〉を主眼としており、
そのため荷待ち時間の削減への対応は急務なのです。

ドライバーの待機時間問題、トラックバースの問題は、以前から改善しなくてはいけない認識を運送業界の一部では理解して取り組んでいる企業もありますが…。

しかし、残念ながら大多数の運送会社では、古くからの慣習どおりのやり方に慣れてしまっていて、“ドライバーさえ増やせば何とかなるから大丈夫”と安心してきたつけが今になって回ってきているのではないでしょうか?!

避けては通れない!?迫りくる2025年問題 避けては通れない!?迫りくる2025年問題


2025年問題が近年話題になっていますが、ご存知でしょうか?
2025年問題とは、人口減少による労働力不足の問題です。日本の人口は2008年をピークに年々減少を続けており、当然、労働できる生産年齢人口も減り続けています。

今からたった7年後の2025年頃には、583万人の雇用が不足するデータもあり、深刻な人手不足が予想されています。人手不足は年々加速されてきており、特に人手不足が深刻な業界の一つに「運送業界」が入っています。

つまり

ドライバーの
確保
死活問題
なってくるということ…

2017年度の有効求人倍率平均が1.4であるのに対して運送業の倍率は2.4、中でもドライバーに対する倍率は2.8となっており、ドライバーに対する需要が高く人手不足は深刻化しています。特に大型自動車 大型トラック・バスのドライバーの確保は困難を極めており、超過勤務による大型トラック・バスの事故がテレビ等で放送されていたのも記憶に新しいのではないでしょうか。

すでに人手不足が深刻なコンビニ業界では、無人レジ店のテストを開始しており、最小の人数で運用するためのシステムをどんどん取り入れています。

しかし、運送業界は長らく《人を増やせば“何とかなる”》人力に頼った物流管理、配送管理をしてきたのが現状です。そのため、体制を改善ましてや変革もできていない現状でありました。

しかし、昨今の
ドライバーの
人手不足により

今までのやり方では対応できない
生き残れない」と問題視する企業が増え始めています



現在では、ドライバーの人手不足により荷主が運送会社に仕事を頼んでも断られる事態も発生しており、業界全体で生産性向上の取り組みをしていかなければ厳しい未来が待っていると認識する運送企業が増えてきております。

ドライバーがいらない無人運転システムが開発実行されるのには、まだまだ長い年月が必要とされている今、最新の打開策としてIT技術を使ったシステム導入があり、政府も補助金を出して全面的に支援にのりだしています。



ドライバーの待機時間を
大幅に短縮
でき、
運送コスト削減
できる画期的なシステムこそ
AirDia(エアダイア)」です

いま、運送業界が抱える
問題点とは…

こんなことでお悩みではありませんか? こんなことでお悩みではありませんか?

  • 国土交通省の法令のドライバーの待ち時間等の記録をつけるのが大変
  • 記録をつけるのをIT技術で簡単にしてほしい、そしてデータ化してほしい
  • ドライバーの求人を出しても、応募がこない
  • 若い従業員が、そもそもこない
  • ドライバーに長時間労働をさせたくない、けど…
  • ドライバーの待機休憩場所を何とか確保したい
  • ドライバーの労働生産性を知りたい
  • 運送会社に仕事を頼んでも断られることがある
  • 輸送費を下げたい
  • 早く、効率よく荷物を届けたい
  • 待機時間を解消したい
  • 待機・休憩場所の確保が難しいので何とかしてほしい
  • 待機、休憩のためコンビニの駐車場に止めていたら店長からクレームがきた
  • 荷下ろし場に早く着き待機している間、近隣の方からクレームがきた
  • 長時間労働を削減してプライベートな時間、家族と過ごす時間を大切にしたい

AirDia導入によりすべて解決することが可能です。

AirDia(エアダイア)とは?

トラックバースの空き状況を見える化し、ドライバーがスマホなどの端末から事前に予約できるシステムです。計画的な運行が可能となり、トラック待機時間の大幅な低減に繋がります。さらに荷役作業時間の実績が正確に把握できるため、改善箇所が特定でき、構内作業の効率化にもつながります。

AirDiaが
選ばれる理由とは?

Point01

導入が簡単!

専用ビーコンを置いていただき、専用アプリをスマホやパソコンにインストールするだけ!面倒な初期設置工事も必要ありません。

Point02

スマホで操作可能!

難しい操作は必要ありません。普段お使いのスマホやパソコンなどで簡単にお使いいただけます。

Point03

低コストで使える!

初期導入費が一千万を超える製品もありますが、AirDiaは業界最安値で導入、お使いいただけます。

導入することで、
抱える様々な問題が
解消されます!

AirDiaの
つのメリット

01

事前予約による
待機時間削減

事前予約システムによって、誰の特にもならない無駄な待機時間を削減します。

02

適切な待機・
休憩場所
の提供

スマートパーキングシステムを使いドライバーの待機・休憩場所の駐車場をお知らせします。

03

周辺地区での
交通問題の解消

早期到着でのトラック渋滞や、コンビニ等の駐車場での待機トラブルを防ぐことができます。

04


庫内作業の効率化

事前に発着時刻が把握できるため、庫内での作業を効率化が可能です。

05

荷待ち時間の
データ抽出も可能

到着時間、荷積み又は荷卸しの開始および終了時間をCSVで抽出できます。

06

ドライバーの
負担が減少

ドライバーの労働時間を短縮することでき、さらに生産性が上がることにより収入アップも実現します。

荷主様にとっての
大きなメリット

納入先の入門許可書を
発行する必要がなくなります

毎回面倒な許可書類を発行する手間がなくなります。また緊急納入される新規物流業者の許可対応の手間と急なドライバー手配もAirDia導入により素早く許可が出せます。

台風、積雪などの災害時の対策に特に優れています!

毎年必ず発生して被害をもたらす台風や積雪時などで、交通の乱れが発生してもオンタイムで入荷情報が確認可能のため、混乱する可能性が極めて低くなります。さらに荷主様と物流業者様で情報が共有されるため、緊急納入などの調整もスムーズにできます。



他社との比較

3Gサポートの
AirDiaは
すべての項目で
優れて
います!


ビーコンとは?

ビーコンとは、電波発信装置。たまご程のサイズの中に発信装置が組み込まれています。電池の寿命は、約1年間。
GPSとの大きな違いは、例えば物流拠点が一階、二階、三階になっている場合、GPSですと衛星からの位置情報は同じになるため、どこの階にトラックが到着したのかがわかりません。しかし、ビーコンは設置型なのでどこの階にトラックが到着したかを正確に認識できます。


GPSとビーコンを比べてみると…


ビーコンは、ほぼ
どの項目も高い性能
有しています。


弊社3Gサポート株式会社は、元大手製造業経験者が集まって創出した人材育成コンサルタント企業としてクライアントの様々な人に関する問題(社員教育・人事評価・マネジメント等)を解決してクライアントのご要望に応えてまいりました。

その中で運送業のクライアント企業様の最大の問題が深刻な人手(ドライバー)不足でした。 運送業の業界自体が全体的にドライバーの長時間労働が当たり前の世界であり、人さえ集めれば何とかやっていける体質が運送業界全体の常識になっていました。しかし、昨今のドライバー不足により抜本的な改革改善をしていかなければ生き残っていけない時代となり、弊社としてクライアントの人手(ドライバー)不足問題を解決できないか、サポートできないかと思案しておりました。

その中で、弊社の強みである、大手製造業で経験した業務改善スキルを荷主の立場から、人材育成コンサルタント、人の問題解決のスペシャリストとして運送業者様の立場から、双方の目的達成のためにベストのソリューションを生み出すことに成功しました。それが、ビーコンを使用した全く新しい画期的なトラックバースシステムです。

このシステムを利用してドライバーの事前予約によりトラックバースでの過度な待機時間解消やデータ管理によるコスト削減を実現できます。運送会社をはじめ物流会社、製造業をお客様にしている荷主様は、ビーコンをおきアプリを入れるだけで簡単導入できます。一度導入したらドライバーはその後一切操作をする必要がないため、ドライバーの負担は全くありません。
ドライバーの人手不足を解消しコストも削減できる。全く新しい画期的で手間暇いらずのシステムです。システムというと高額な価格がかかるのでしょう?システムは複雑なため大手企業しかどうせ導入できないのでしょう?と思われたあなた・・・システム価格は格安です。その理由はビーコンを設置しアプリを入れるだけだからです。システムの使い方はいたってシンプルで簡単です。また中小企業様でも導入できる価格であり、特別な知識・技術は必要ありません。弊社が開発したAirDiaで一つでも多くの企業様の人手不足問題を解決できればこの上ない喜びでございます。

ご関心を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。
ご相談大歓迎です。お困り事お悩み事をお聞かせください。

3Gサポート株式会社
代表取締役社長 田中史和

ISOはすでに知っておられることと思います。

日本では、20年ほど前にISOを取得していく企業が急に増えましたが、その背景には、ISOを取得していない企業は信用度が低くなる、取引先として信用されなくなる。そのため多くの企業がこぞってISOを取得し、いち早く取得した企業が社会的な評価が上がり信用度が増して、取引の拡大に繋がっていました。国もISO取得を奨励して推進しておりましたので取り入れた企業の社会的信用度は高くなり、ブランド化されていました。

現在の運送業においてもISOをこぞって取得した時と似た状況になってきていると思われます。それは、政府が運送業にIT技術を使ったシステム導入を推進している点であり、特にトラックの待機時間解消するためのシステム導入です。

あなたの会社は、
いち早く導入し
勝ち組企業に
なりたくありませんか?!

「うちは今まで通りのやり方できたのでこれからもこのやり方で行くから結構です」という会社様は、当社の画期的なシステムとはご縁がなかったものと思います。

しかし、少しでも

とお思いでしたら当社が全力でサポートいたします。 あなたの会社の問題点を解決に向けて全面的にバックアップいたします。

また、当社では、データを収集した後に貴社にあった改善施策提案をさせていただくことも他社にない最大の強みです。データ収集によるサポート体制を構築することにより、長期的な視野での改善施策をさせていただくことができます。もちろん補助金対応もいたします。

とは言っても、このホームページをご覧いただいただけでは、詳細までわからないことも多々あるかと思いますので、今だけ無料で資料を送らせていただきます。

\今だけ資料を無料で贈呈!/
お問い合わせはこちらから

AirDia(エアダイア)についてのお問い合わせは、こちらから受け付けております。




AirDiaは3Gサポート株式会社の商標です。